対応可能障害例


 復旧可能なUSB外付けハードディスクのエラー表示

  1.お問い合わせの多いエラーです。絶対にフォーマットしないでください。データは復旧可能です。
  ※フォーマットを実行した場合でも復旧は可能ですが、復旧率は下がります。

 

2.操作を続けると症状が悪化する場合があります。データ復旧は可能です。
  ※物理障害の可能性があります。

 
 

3.データ復旧は可能です。

 
 

4.データ復旧は可能です。

 
 

5.データ復旧は可能です。

 
 

6.データ復旧は可能です。

 
 

7.ハードディスに負荷がかかりファイルが破損している可能性がありますがデータ復旧は可能です。
  ※物理障害の可能性があります。

 
 

8.復旧は可能です。ハードディスクの損傷が大きい場合は、物理障害対応となります。

 

9.データ復旧可能です。(コピー可能です)

 
 

10.データ復旧は可能です。

 
 

11.外付けハードディスクのアイコンをクリックすると、あるはずのデータが表示されない。
   データ復旧は可能です。

 
 
 
 

12.ハードディスクのアイコンが表示され、使用領域、空き領域が0バイトになっている。
   ファイル、データが破壊している可能性がありますが、 データ復旧は可能です。
   ※物理障害の可能性があります。

 
 

13.ハードディスに負荷がかかりファイルが破損している可能性がありますが、データ復旧は可能です。
   ※物理障害の可能性があります

 
 

14.USB接続でつなげてもマイコンピュータにアイコンが表示されない。
   データ復旧は可能です。※物理障害の可能性があります

 


 

データ復旧サービス

NAS・サーバ・RAID

対応可能な障害例

データ復旧事例

ブログ




 

 
mail@pcdata119.com